今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > 消化器系 > プレバシド(タケプロン) 30mg 28錠
ホーム > 商品マップ > プレバシド(タケプロン) 30mg 28錠

プレバシド(タケプロン) 30mg 28錠

プレバシド(タケプロン) 30mg 28錠

プレバシドは、日本ではタケプロンという
一般名で知られています。
胃酸の分泌を強力に抑え、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療に効果があるお薬です。

[医薬品]
Takeda 社製
タイより出荷

価格:¥5,100
5%割引 → 4,845円
(送料無料)
さらに、5%割引チケット使用で!
4,603円!
(送料無料)

数量: 個 

プレバシド(タケプロン)30mgについて

胃粘膜壁の胃酸生成部位へ働いて、胃酸を分泌する「プロトンポンプ」という機能を
邪魔して、胃酸の分泌を抑える作用を持っています。
胃酸の分泌を抑えることで、胃壁が胃酸で荒れるのを防ぎ、潰瘍が治り胃粘膜が
正常になってきます。

効果・効能

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群、逆流性食道炎、
非びらん性胃食道逆流症、胃潰瘍または十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ菌の除菌の補助

ご使用方法

【胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群の場合】
1回30mgを1日1回服用します。
服用期間は、胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで
十二指腸潰瘍では6週間までです。
逆流性食道炎の場合は、1回30mgを1日1回で、8週間までの服用です。
【非びらん性胃食道逆流症の場合】
1日1回15mgの服用で、通常4週間までとします。
【胃潰瘍または十二指腸潰瘍でヘリコバクター・ピロリを除菌する場合】
補助として、1回30mgを、アモキシシリンとして1回750mg(力価)及びクラリスロマイシンとして1回200mg(力価)の3剤を同時に1日2回、7日間経口服用します。

副作用

肝機能数値の異常、軟便、下痢、便秘、発疹、肝機能値の異常、頭痛、めまい
などの症状が出ることがあります。

ご使用上の注意

本剤の成分に過敏症の既往歴がある方、硫酸アタザナビルを投与中の方は
ご使用にならないでください。

CUSTOMER'S REVIEW クチコミOMS

ニックネーム   評価

コメント

※クチコミ投稿の際はログインしてください。  




ゲームをして割引チケットをゲット!!

 

商品クチコミのご投稿募集!

商品クチコミを投稿頂いた方には、50ポイント+わくわくゲームチャレンジチケットが1枚贈呈されます。

※ご投稿頂いたクチコミ記事は、当社スタッフの判断で掲載を見合わせる場合がございますが、ご了承ください。