今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > スマートドラッグ&抗うつ > セロクエル25mg 30錠
ホーム > 商品マップ > セロクエル25mg 30錠

セロクエル25mg 30錠

セロクエル25mg 30錠

「セロクエル」は、強い不安感や緊張感を和らげる一方で、気持ちが沈んだ時は気分を高めるなど、心の不具合を調整して、気持ちを穏やかに保ってくれる抗精神病薬です。

[医薬品]
AstraZeneca 社製
タイより出荷

[有効成分]
Quetiapine

価格:¥6,600
5%割引 → 6,270円
(送料無料)
さらに、5%割引チケット使用で!
5,957円!
(送料無料)

数量: 個 

セロクエルについて

「セロクエル」は、脳内の神経伝達物質「ドーパミン」と「セロトニン」に作用することで、精神の高揚を抑制する一方で、気分の落ち込みを改善します。
つまり、イライラして落ち着かない時にも、落ち込んで何もやる気がしない時にも効果的というわけです。
有効成分の「フマル酸クエチアピン」が、脳内の情報伝達系の混乱を改善することで、陽性症状(幻覚、妄想、興奮)と陰性症状(無感情、意欲低下、自閉)の双方に効果を発揮します。
日本では2001年に統合失調症の精神治療薬として承認されていますが、うつ病、神経症、PTSD、アルコール依存症など、さまざまな精神疾患に処方されることがあります。
とくに抗ドーパミン作用を主とする旧来の定型坑精神病薬に比べて、陰性症状に対する効果に優れているほか、ふるえ、こわばりなどの錐体外路症状や、生理不順、乳汁分泌などの高プラクチン血症といった副作用が少ないという特徴もあります。
また、情動安定化作用や再発予防効果が期待できるため、長期の維持療法にも適しています。

効果・効能

統合失調症

ご使用方法

通常、成人の場合、1回1錠(クエチアピンとして25mg)を1日2〜3回服用するところから始め、状態に応じて徐々に増量し、1日6〜24錠(150〜600mg)を2〜3回に分けて服用してください。
年齢・症状により適宜増減できますが、1日30錠(750mg)を限度としてください。

副作用

●主な副作用として、不眠、不安、神経過敏、傾眠、頭痛、めまい、アカシジア、振戦、構音障害、頻脈、便秘、食欲不振、倦怠感、無力症などが報告されています。
このような症状に気づいたら、医師または薬剤師にご相談ください。
●まれに下記のような症状が現れます。
この場合、重篤な副作用の初期症状である可能性があるため、すぐに使用を中止し、医師の医師の診療を受けてください。
・高血糖/糖尿病性ケトアシドーシス/糖尿病性昏睡・・・口渇、多飲・多尿、頻尿
・低血糖・・・脱力感、冷汗、手足の震え
・悪性症候群・・・筋肉のこわばり、嚥下困難、発汗
・横紋筋融解症・・・筋肉痛、脱力感、赤褐色尿
・けいれん
●上記以外にも気になる症状が現れた場合は、医師にご相談ください。

ご使用上の注意

●「セロクエル」は日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。ご使用の際は、十分にご理解の上、正しくお使いください。
●中枢神経に作用するため、眠気やめまい、注意力・集中力・反射運動能力の低下などが現れることがありますので、自動車の運転など危険を伴う機械の操作を行う時は、十分に注意してください。
●体重増加を来すことがあるので、肥満に注意してください。
●服用初期には起立性低血圧を起こすことがあります。立ちくらみ、めまい等の症状が現れた場合は、減量等、適切な処置を行ってください。
●糖尿病の人または既往歴のある人は服用しないでください。

CUSTOMER'S REVIEW クチコミOMS

ニックネーム   評価

コメント

※クチコミ投稿の際はログインしてください。  




ゲームをして割引チケットをゲット!!

 

商品クチコミのご投稿募集!

商品クチコミを投稿頂いた方には、50ポイント+わくわくゲームチャレンジチケットが1枚贈呈されます。

※ご投稿頂いたクチコミ記事は、当社スタッフの判断で掲載を見合わせる場合がございますが、ご了承ください。