今すぐログイン
今すぐログイン

ホーム > 抗菌薬 > シプロベイ 250mg 20錠
ホーム > 商品マップ > シプロベイ 250mg 20錠

シプロベイ 250mg 20錠

シプロベイ 250mg 20錠

細菌による感染症に有効であり高い抗菌力があある抗生物質になります。
ニューキノロン系合成抗菌剤となり、ペニシリン系もしくはセフェム系の抗菌薬に対してのアレルギーがある方に処方される薬剤となります。

[医薬品]
BAYER 社製
タイより出荷

[有効成分]
Ciprofloxacin

価格:¥5,757
5%割引 → 5,469円
(送料無料)
さらに、5%割引チケット使用で!
5,196円!
(送料無料)

数量: 個 

セットもお得!

50錠 価格¥13,955 → 5%割引 ¥13,257
さらに、5%割引チケット使用で!⇒ ¥12,595

シプロベイ 250mgについて

感染症の中でも最近によるものに対して有効となります。
抗菌力は強く、病原菌の死滅ができれば腫れがひく、痛みがなくなる、解熱という効果があります。
インフルエンザやウィルス性の風邪に対しては無効にはなりますが、最近による二次感染もしくは感染予防として処方されることはあります。
一般的に多く使用されているということも特徴の一つで、日本国内のみならず世界中で用いられている薬であり、処方箋を取り扱っている薬局であればほとんどの場所で手に入れることができます。
ニューキノロン系合成抗菌剤の一種となり、シプロベイの中には有効成分として塩酸シプロフロキサンが配合されています。
この塩酸シプロフロキサンには最近のDNAが増えることを阻害するという効果があります。
アレルギー反応を起こす頻度が少ないということもあり、ペニシリン系もしくはセフェム系の抗菌薬に対してのアレルギー症状がある方に処方されることが多くなっております。

効果・効能

・咽喉頭炎  ・気管支炎  ・扁桃炎
・肺炎  ・気管支拡張症 ・腎孟腎炎
・膀胱炎 ・前立腺炎 ・副睾丸炎
・淋菌性尿道炎 ・胆嚢炎 ・胆管炎
・細菌性赤痢 ・腸炎 ・中耳炎
・副鼻腔炎 ・毛嚢炎 ・蜂巣炎
・りんぱ管(節)炎 ・皮下膿瘍 ・感染性粉瘤
・子宮内感染 ・バルトリン腺炎

ご使用方法

一日1回、125r〜750rずつ服用
・急性淋病の場合には1日1回250r
・炭疽の場合には一日2回、400rずつ

副作用

発疹、胃不快感、下痢、嘔気、食欲不振が副作用として表れる可能性があります。

ご使用上の注意

■服用ができない方
・シプロペイに配合されている成分に過敏症の既往歴がある
・ケトプロフェンを投与中
・塩酸チザニジンを投与中
・妊婦の方
・小児

CUSTOMER'S REVIEW クチコミOMS

ニックネーム   評価

コメント

※クチコミ投稿の際はログインしてください。  




ゲームをして割引チケットをゲット!!

 

商品クチコミのご投稿募集!

商品クチコミを投稿頂いた方には、50ポイント+わくわくゲームチャレンジチケットが1枚贈呈されます。

※ご投稿頂いたクチコミ記事は、当社スタッフの判断で掲載を見合わせる場合がございますが、ご了承ください。